アイアンの飛距離は キャリーでつかめ

アイアンの役目は距離の異なる目標にボlルを運ぶことです。

 

 

コースでは残りの距離に応じて、数あるアイアンの中から最適なクラブを選択しなければなりません。

 

 
残りの距離を打ち分けるには、クラブごとの飛距離をあらかじめ把握していないとできません。

 

 
一般的に番手間の距離の差は叩ヤードくらいです。

 

 

これは人によって違いがあり。

 

 

フロや飛距離の出る人は日ヤlドになります。

 
要するに自分なりの番手間の飛距離の差をつかんでおくことが大事なのです。

 

 

ここをしっかり確立しておかないと、ンを攻めるのに、どのアイアンを選択していいか正しい判断が出来ません。

 
コースでグリーアマチュアがよくする失敗は、キャリーとランを含めた距離を自分のキャリーの飛距離と思い込んでしまうことです。

 

 

実戦で150ヤードの距離を7番アイアンでピン近くに寄せたことが何回かあると、ランを考えずに7番アイアンのキャリーの飛距離が150ヤードなのだと信じてしまうことです。

 

 
これが大きな間違いなのです。番手ごとの飛距離はキャリーで把握しておくことが大切です。

 

 

そうしないと、池やハザード越えのとき、クラブ選択で迷うことになります。

 

 

その上でランがどのくらいあるかもつかんでおき、トータルでおおよその距離も把握しておきます。

 

 
叩ヤードよりもっと細かい距離の調節をしたいときは、アイアンを1インチ短く持ちます。

 

 

そうすると、普通の長さで持ったときより約5ヤード距離が落ちます。

 

 

これができるようになれば、簡単に番手間の距離の差を5ヤード刻みへと短くすることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>