迷ったときは、9時と 3時の2箇所でチェック

スイングに迷いの出たときに、スピードのあるフルスイングの中でどこに欠陥があるか探そうとしできるものではありません。

 

ても、そこで、簡単にできるスイング・チェックの方法をお教えします。

 

スインク軌道で大事なのは、クラブが地面と平行になるテlクパックの9時の位置とフォロースルーの3時の位置までの動きです。

 
ゆっくりテークパックして9時の位置で体の動きを止めてみます。

 
左腕がまっすぐ伸び、クラブフェースと左手甲が、正面を向いているかどうかをチェックします。

 

 

9時の位置のチェックが終わったら、ゆっくりクラブを振り下ろしフォロースルlの3時の位置で体の動きを止めます。

 

両腕がしっかり伸び、パックフェースと右手甲が、真正面を向いているかどうかをチェックします。

 
9時と3時のチェックポイントの確認が終わったら、あとはこの正しい形になるように2ヵ所の形だけを頭に入れて、ゆっくりスイングしてみます。

 

 

フルスイングではなく、あくまでも9時から3時までの短いスイングをします。

 
これが正しくできるようになったら、少しいすつスイングを大きくしていき、しだいにフルスイングへと近づけていけばいいのです。

 

 
そうすれば、クラブヘッドの正しい軌道を通るスイングが、自然とできるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>