一方向に曲がる持ち球ζそ アイアンの決め手

ターゲットを正確にとらえるには、どんな球すじがもっとも過しているのでしょうか?

 
結論からいえば、フェードでも、ド口ーでもよいのです。

 

 

曲がりの少ない一定した球すじをつくれた人がアイアンの名手になるのです。

 

 
つまり、曲がりの大きいスライスやフックではなく、コントロールのできるフェードかドロlのどちらかの球すじを早く身につけた人が、勝ちなのです。

 

 
一番危険なのは、どちらへも曲がる球すじの人です。

 

 

スイング軌道が一定せず、アウトサイド・インになったり、インサイド・アウトになったりしているのです。

 

 
まず基本に立ち返り、右腰の9時から左腰の3時へ振るスイングをしてみてください。

 

 

9時の位置では左手甲とフェースが正面を向き、3時の位置では右手甲とパックフェースが正面を向いて、左肩、のど、手のトライアングルを崩さずにスイングできているかを雌認します。

 

 

それができたら叩時の高さから2時の高さまで、左右対称のイメージで振ってみます。

 

 

これをくり返すことにより、スイング軌道が固まってきます。

 

 
このようにしてスイング軌道が一定になるようにし、自分の球すじを決めていきます。

 

 

曲がりの大きいスライスやフックの人も、曲がりの少ないフェードやドロlの球すじに変わってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>