ボールとの間隔は手で 合わせ歩、足で合わせる

あえて誤解をおそれずにいうならば、アドレスではボールに合わせて構えてはいけないのです。

 

 

あくまでも自分の意図するスイングができるよう自己中心的な構えをつくるのが大正解なのです。

 
練習場ではできるのに、コースだと正しいアドレスがとれない人に限って、芝の上にあるボlルに対し梢える最後の段階にきて、両腕を伸ばしてボlルに密着させてソlルしようとしがちです。

 

 
自分がどんな球すじで目標を狙うかを決めたとき、こういうスイングをするという構想が頭の中にインプッ卜されているはずですが、そのイメージでアドレスしたはずなのに最後の段階で、それを修正しようとしてボlルに腕を伸ばします。

 

 

ちょっとした動きではありますが、これによってグリップと体の間隔がずれ、肩のレベルも損なわれているかも知れません。こんな小さなしぐさがスイングを狂わせるのです。

 

 
自分がイメージしたスイングの中に、ボールがあるのが理想で、ボールのためにスイングしてはいけません。

 

 

ボールにフェースを密着させなくとも、ボールを芯でとらえる能力は潜在的に人間には備わっていると思ってください。

 

 
たとえば、クロスパンカlで絶対に失敗したくないとき、ボールの真上の空中にヘッドをセットして構えます。

 

 

ボールのすぐ後ろにはセットしません。

 

 

そうすると、不思議なことにダフらず、一発で、脱出できます。

 

 
構えたときに、「あっ、遠いな(近いなこと感じたら、手先で調整せずに一歩近づいたり遠ざかったり、グリップと体の間隔は変えずに、足でポールとの距離を合わせるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>