番手ごとにティの高さを 変えてやさしく打つ

ショートホールのティグラウンドでは、なるべくティアップします。

 

 

芝の上に直接置いて打つよりも、ティアップしたほうがレベルやアッパーの軌道で打つときでもやさしくなるからです。

 

 

つまり、ショートホlルでティアップするのは、ミスを少しでも減らし、ひとえにナイスショットの確率を高くする有効手段なのです。

 

 
通常のティアップの高さはロングアイアンでティを半インチ(リセンチ)です。

 

 

ちょうどテイの傘の下を人差し指と中指の2本で挟み、芝に差し込んで指の太さだけ高くします。

 

 
横に払う軌道でボlルをとらえたいからです。

 

 

棋にスイープするか、ほんのわずかにアッパー気味にとらえたいので、ヘッドで芝の穂先を払い取る横軌道のイメージを持ちます。

 

 
ロングアイアンではそれには短いティの傘が芝からのぞき出る高さ、ボールと芝の聞に指先が入るほどの半インチの高さが適しているのです。

 

 
ティの高さは短いアイアンになるほど低くしていきます。

 

 

9番アイアンなら、ティが芝の中に沈み込んでしまうくらいに、ティの傘だけが芝の上に出る程度になります。

 

 

スイングとしてはボlルの先の芝を削り取るダウンブロ!の軌道のイメージです。

 

 
ただし、ティをあまり高くするのは危険です。

 

 

おそらく自信のない人ほどティを高くするでしょうが、これは自ら前上がりのライをつくっているようなものです。

 

 

両足よりもボlルがかなり高くなり、短いアイアンほど引っかけボlルが出やすくなります。

 

 

グリーンを左に外したときは、ティを高くしすぎていないか疑ってみる必要があります。

 

 

ゴルフ場 安いところはここです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>