左手のナックルが2つ 見えるフックで握る

クラブによってグリップの形や力加減を変えるようなことはしません。

 

 

フィーリングが保てない危険性があるからです。

 

 
飛距離を求めるウッドも、正確性を求めるアイアンも、同じ“クリップで握ります。

 

 

数ある握り方のなかでも、シンプルかっしっかりと握ることができるフックグリップがおすすめです。

 

 
フック“クリップでは上から見たとき左手のナックルが2っか3つ見えるくらい、左手の親指を“クリップの右に外します。

 

 

左手の甲が左斜め上を向き、親指と人差し指でできたV字が右ほほを指すようになります。

 

 
このように左手を探く握ればクラブをしっかり支えられ、トップでグリップが左手親指の腹部の上に乗り、グリップと手のひらの聞が聞くようなグリップの緩みがなくなります。

 

 
左手はインパクトに向けて「引く」のが役目で、フィニッシュに向けてスイングをリードします。

 

 
この役目を十分果たせるのが、左手をかぶせたフックグリップなのです。

 

 
インパクトで、左手甲を目標に向けると、フェースがかぶってしまうので、左手の甲はやや左斜め上を向いた形が正しいのです。

 

 
右手は手のひらを目標に向けて、中指と薬指の2本で下からからみつけるように、クリップ部分を2本の指でつまむように握ります。

 

 
親指と人差し指でできたV字は右耳のやや外を指します。これ以上右手をかぶせて握つてはいけません。

 

 
右手は手のひらで握るよりも、感覚の鋭い指先で握って使ったほうが力や方向性が出るようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>