肩、腰、両ひざが地面と 目標に平行かをチェック

ショットを曲げる大きな原因はアドレスで休を斜めにして、軸を傾けて立つことに始まります。

 

このような体の地面に対する傾きが一番危険なのです。

 
ボールを地而から上げたいと思えば、そのまま形となって現れます。

 

 

左肩が高く右肩が低い形になり、体重が右足により多くかかった姿勢になります。

 

 

この構えではアッパーの軌道になり、ボールを上から叩くダウンブローにはなりません。

 

 
まっすぐ立つ姿勢をつくるには、背筋をまっすぐ伸ばし両ひざの上に両肩がくるようにして、あごを真下に向け顔が斜めに傾かないようにします。

 

 

 

こうして、肩や腰、両ひざが地面に対し平行になるように立つのです。

 

 

体のラインが地問に対し平行になっているかは、それぞれの箇所にクラブを横にあてがい、チェックしてみます。

 

 
もう一つの方向を狂わす原因は、肩や腰などの体のラインが、目標線と平行になっていないことです。

 

 
せっかくナイスショットをしても肩の向きが右を向いたり、左を向いたりしていれば、その方向にしかボlルは飛びません。

 

 

練習場と違って基準になるものがないコースで、目標に対してスクェアに構えるようになるのが難しいのです。

 

 

目標線と平行に構えるには、まずフェースを目標にまっすぐ向け、ボールと目標を結んだ飛球線と両足、両ひざが平行になるようにして立ちます。

 

 

ヒップを上げるようにして背筋を伸はし、あごを真下に向け、リストを左あし太ももの内側の前に置きます。

 

 
一度アドレスをして、両足の前にクラブを置き、後ろへ回って目標にまっすぐ向いているかをチェックしてみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>