背骨に対して直角が 正しい肩の回転

これは、クラブの長さやボールの位置も関係してくるテーマですが、アイアンの肩の回転はドライバーほど水平にはなりません。

 

アマチュアゴルファーのなかには、肩を無理に水平に回そうとするあまり、スイング軌道がバラバラになっている人を見かけます。

 

アイアンの肩回転は軸となる背骨に対して直角に回るのであって、地面に対して平行には回らないのです。

 

もしも、左肩を地而と平行に回そうとすれば、アゴの上のほおの位置まで上げてこないと平行にはなりません。

 

そうなると、ひざが伸び上がりゃすくなり、ボールをとらえるためにはダウンスイングで再度ひざを山げて沈み込む動きを加える必要が出てきます。

 

これでは、シンプルで安定したスイングなどできるはずがありません。

 

肩は地而ではなく背骨に対して直角に回転させます。背中は前傾しているので、背骨にそって左肩を直角に回すと自然とアゴの下に入ってきます。

 

もとあった高さからみると、左肩は少し下がった位置にくるのが正解です。

 

始動のときに、背骨の存在を強くイメージして回していければ最高ですが、それが難しい人は、左肩を飛球線後方ではなく、やや下方向に動かすイメージをもってください。

 

ヘッドを低く遠くへ引っぱることができます。

 

ゴルファー自身のスイングイメージは、ドライバーもアイアンも一緒ですが、ボールに近づいて構えるアイアンのほうが自然とアッ。

 

フライトな軌道になります。始動で左肩を下げていくイメージ、つまり背骨に対する肩のタテ(直角)回転がアイアンスイングのポイントになるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>