「打つ」から「振る」 感覚へと意識を変えよ

アイアンのスイングづくりでは、「打つ」感覚から「振る」感覚へと意識を変えることが必要です。

 

アイアンの目的は飛ばすことではなく、正確に目標ヘボールを運ぶことにあります。

 

そのためには、ただクラブを速く振ればいいわけではなく、右腰から左腰の位置へ振るイメージをしっかり持ちながら一定のスピードで振ることです。

 

これがその人のスイングリズムになります。

 

上達してくるにつれ「打つ」から「振る」になり、さらに上達してくると「振る」から「押す」イメージが体感できるようになります。

 

まず第1歩として頭の位置を動かさずに、インパクトを強くせず、「気持ちよく振る」イメージでスイングするようにします。

 

強く速く振ればいいというわけではない。

 

イメージできる範囲内のスピードで右腰かう左腰へ振る。それが自分のスイングリズムになる。

 

右腰かう左腰まで、手首をこねすに腕を伸ばしたまま、クラフの重みを感じながう振る。

 

ボールを打つ意識を捨てクラブを振る感覚を持つ。

 

いらなくなったゴルフクラブ 買取はコチラ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>