アイアンの飛距離は キャリーでつかめ

アイアンの役目は距離の異なる目標にボlルを運ぶことです。

 

 

コースでは残りの距離に応じて、数あるアイアンの中から最適なクラブを選択しなければなりません。

 

 
残りの距離を打ち分けるには、クラブごとの飛距離をあらかじめ把握していないとできません。

 

 
一般的に番手間の距離の差は叩ヤードくらいです。

 

 

これは人によって違いがあり。

 

 

フロや飛距離の出る人は日ヤlドになります。

 
要するに自分なりの番手間の飛距離の差をつかんでおくことが大事なのです。

 

 

ここをしっかり確立しておかないと、ンを攻めるのに、どのアイアンを選択していいか正しい判断が出来ません。

 
コースでグリーアマチュアがよくする失敗は、キャリーとランを含めた距離を自分のキャリーの飛距離と思い込んでしまうことです。

 

 

実戦で150ヤードの距離を7番アイアンでピン近くに寄せたことが何回かあると、ランを考えずに7番アイアンのキャリーの飛距離が150ヤードなのだと信じてしまうことです。

 

 
これが大きな間違いなのです。番手ごとの飛距離はキャリーで把握しておくことが大切です。

 

 

そうしないと、池やハザード越えのとき、クラブ選択で迷うことになります。

 

 

その上でランがどのくらいあるかもつかんでおき、トータルでおおよその距離も把握しておきます。

 

 
叩ヤードよりもっと細かい距離の調節をしたいときは、アイアンを1インチ短く持ちます。

 

 

そうすると、普通の長さで持ったときより約5ヤード距離が落ちます。

 

 

これができるようになれば、簡単に番手間の距離の差を5ヤード刻みへと短くすることができます。

迷ったときは、9時と 3時の2箇所でチェック

スイングに迷いの出たときに、スピードのあるフルスイングの中でどこに欠陥があるか探そうとしできるものではありません。

 

ても、そこで、簡単にできるスイング・チェックの方法をお教えします。

 

スインク軌道で大事なのは、クラブが地面と平行になるテlクパックの9時の位置とフォロースルーの3時の位置までの動きです。

 
ゆっくりテークパックして9時の位置で体の動きを止めてみます。

 
左腕がまっすぐ伸び、クラブフェースと左手甲が、正面を向いているかどうかをチェックします。

 

 

9時の位置のチェックが終わったら、ゆっくりクラブを振り下ろしフォロースルlの3時の位置で体の動きを止めます。

 

両腕がしっかり伸び、パックフェースと右手甲が、真正面を向いているかどうかをチェックします。

 
9時と3時のチェックポイントの確認が終わったら、あとはこの正しい形になるように2ヵ所の形だけを頭に入れて、ゆっくりスイングしてみます。

 

 

フルスイングではなく、あくまでも9時から3時までの短いスイングをします。

 
これが正しくできるようになったら、少しいすつスイングを大きくしていき、しだいにフルスイングへと近づけていけばいいのです。

 

 
そうすれば、クラブヘッドの正しい軌道を通るスイングが、自然とできるようになります。

すべての基礎となる 6番で基礎を固める!

パターを除く日本のクラブ全部を使いこなすのがショットです。

 
ドライバーからウエッジまで、長さやバランスなどは大幅に異なり、また、振ったときの感覚もそれぞれに違います。

 

 

そうした多種多様な道具、とくにアイアンのように本数が多いクラブを、すべてまんべんなく使いこなすには、どうしたらいいのでしょうか。

 
ショートアイアンからロングアイアンまで、-本ずっていねいに練習できればいいのですが、効率よく上達することを目指すなら、1本のクラブで感覚をつかみ、得意の幅を広げていけばいいのです。

 

 
そうした基本となるクラブをどこにおくかといえば、やはり中間のアイアンになります。

 

 

番手でいえば、6番アイアンがいいでしょう。

 

 

このアイアンを重点的に練習してスイングを磨き、自分のスイングの原型をつくるのです。

 

 
6番アイアンであれば、ドライバーなどのような長いクラブほど力みは出ないし、ある程度、目標を狙うショットもできるはずです。

 

 
しかも、9番やウエッジなどの短いアイアンのように、小手先でごまかすスイングもできません。

 

 

しっかりとした腕の振りと体の回転を一体化させたスイングが要求されます。

 

 

ボールの位置、アドレスの姿勢などを総合的に見ても、応用のきく扱いやすい長さといえます。

 

 
最初にこの基本となる6番アイアンでスイングの原型を身につけて自信をつけ、そのスイングの形を他のクラブへと広げていきます。

 

 
あれこれといろいろなクラブを幅広く練習するよりも、6番アイアンを完ぺきに自分の得意クラブにしたほうが、しっかりした基本が早く身につくといえます。

一方向に曲がる持ち球ζそ アイアンの決め手

ターゲットを正確にとらえるには、どんな球すじがもっとも過しているのでしょうか?

 
結論からいえば、フェードでも、ド口ーでもよいのです。

 

 

曲がりの少ない一定した球すじをつくれた人がアイアンの名手になるのです。

 

 
つまり、曲がりの大きいスライスやフックではなく、コントロールのできるフェードかドロlのどちらかの球すじを早く身につけた人が、勝ちなのです。

 

 
一番危険なのは、どちらへも曲がる球すじの人です。

 

 

スイング軌道が一定せず、アウトサイド・インになったり、インサイド・アウトになったりしているのです。

 

 
まず基本に立ち返り、右腰の9時から左腰の3時へ振るスイングをしてみてください。

 

 

9時の位置では左手甲とフェースが正面を向き、3時の位置では右手甲とパックフェースが正面を向いて、左肩、のど、手のトライアングルを崩さずにスイングできているかを雌認します。

 

 

それができたら叩時の高さから2時の高さまで、左右対称のイメージで振ってみます。

 

 

これをくり返すことにより、スイング軌道が固まってきます。

 

 
このようにしてスイング軌道が一定になるようにし、自分の球すじを決めていきます。

 

 

曲がりの大きいスライスやフックの人も、曲がりの少ないフェードやドロlの球すじに変わってきます。

ボールとの間隔は手で 合わせ歩、足で合わせる

あえて誤解をおそれずにいうならば、アドレスではボールに合わせて構えてはいけないのです。

 

 

あくまでも自分の意図するスイングができるよう自己中心的な構えをつくるのが大正解なのです。

 
練習場ではできるのに、コースだと正しいアドレスがとれない人に限って、芝の上にあるボlルに対し梢える最後の段階にきて、両腕を伸ばしてボlルに密着させてソlルしようとしがちです。

 

 
自分がどんな球すじで目標を狙うかを決めたとき、こういうスイングをするという構想が頭の中にインプッ卜されているはずですが、そのイメージでアドレスしたはずなのに最後の段階で、それを修正しようとしてボlルに腕を伸ばします。

 

 

ちょっとした動きではありますが、これによってグリップと体の間隔がずれ、肩のレベルも損なわれているかも知れません。こんな小さなしぐさがスイングを狂わせるのです。

 

 
自分がイメージしたスイングの中に、ボールがあるのが理想で、ボールのためにスイングしてはいけません。

 

 

ボールにフェースを密着させなくとも、ボールを芯でとらえる能力は潜在的に人間には備わっていると思ってください。

 

 
たとえば、クロスパンカlで絶対に失敗したくないとき、ボールの真上の空中にヘッドをセットして構えます。

 

 

ボールのすぐ後ろにはセットしません。

 

 

そうすると、不思議なことにダフらず、一発で、脱出できます。

 

 
構えたときに、「あっ、遠いな(近いなこと感じたら、手先で調整せずに一歩近づいたり遠ざかったり、グリップと体の間隔は変えずに、足でポールとの距離を合わせるようにしましょう。

番手ごとにティの高さを 変えてやさしく打つ

ショートホールのティグラウンドでは、なるべくティアップします。

 

 

芝の上に直接置いて打つよりも、ティアップしたほうがレベルやアッパーの軌道で打つときでもやさしくなるからです。

 

 

つまり、ショートホlルでティアップするのは、ミスを少しでも減らし、ひとえにナイスショットの確率を高くする有効手段なのです。

 

 
通常のティアップの高さはロングアイアンでティを半インチ(リセンチ)です。

 

 

ちょうどテイの傘の下を人差し指と中指の2本で挟み、芝に差し込んで指の太さだけ高くします。

 

 
横に払う軌道でボlルをとらえたいからです。

 

 

棋にスイープするか、ほんのわずかにアッパー気味にとらえたいので、ヘッドで芝の穂先を払い取る横軌道のイメージを持ちます。

 

 
ロングアイアンではそれには短いティの傘が芝からのぞき出る高さ、ボールと芝の聞に指先が入るほどの半インチの高さが適しているのです。

 

 
ティの高さは短いアイアンになるほど低くしていきます。

 

 

9番アイアンなら、ティが芝の中に沈み込んでしまうくらいに、ティの傘だけが芝の上に出る程度になります。

 

 

スイングとしてはボlルの先の芝を削り取るダウンブロ!の軌道のイメージです。

 

 
ただし、ティをあまり高くするのは危険です。

 

 

おそらく自信のない人ほどティを高くするでしょうが、これは自ら前上がりのライをつくっているようなものです。

 

 

両足よりもボlルがかなり高くなり、短いアイアンほど引っかけボlルが出やすくなります。

 

 

グリーンを左に外したときは、ティを高くしすぎていないか疑ってみる必要があります。

 

 

ゴルフ場 安いところはここです。

左手のナックルが2つ 見えるフックで握る

クラブによってグリップの形や力加減を変えるようなことはしません。

 

 

フィーリングが保てない危険性があるからです。

 

 
飛距離を求めるウッドも、正確性を求めるアイアンも、同じ“クリップで握ります。

 

 

数ある握り方のなかでも、シンプルかっしっかりと握ることができるフックグリップがおすすめです。

 

 
フック“クリップでは上から見たとき左手のナックルが2っか3つ見えるくらい、左手の親指を“クリップの右に外します。

 

 

左手の甲が左斜め上を向き、親指と人差し指でできたV字が右ほほを指すようになります。

 

 
このように左手を探く握ればクラブをしっかり支えられ、トップでグリップが左手親指の腹部の上に乗り、グリップと手のひらの聞が聞くようなグリップの緩みがなくなります。

 

 
左手はインパクトに向けて「引く」のが役目で、フィニッシュに向けてスイングをリードします。

 

 
この役目を十分果たせるのが、左手をかぶせたフックグリップなのです。

 

 
インパクトで、左手甲を目標に向けると、フェースがかぶってしまうので、左手の甲はやや左斜め上を向いた形が正しいのです。

 

 
右手は手のひらを目標に向けて、中指と薬指の2本で下からからみつけるように、クリップ部分を2本の指でつまむように握ります。

 

 
親指と人差し指でできたV字は右耳のやや外を指します。これ以上右手をかぶせて握つてはいけません。

 

 
右手は手のひらで握るよりも、感覚の鋭い指先で握って使ったほうが力や方向性が出るようになります。

肩、腰、両ひざが地面と 目標に平行かをチェック

ショットを曲げる大きな原因はアドレスで休を斜めにして、軸を傾けて立つことに始まります。

 

このような体の地面に対する傾きが一番危険なのです。

 
ボールを地而から上げたいと思えば、そのまま形となって現れます。

 

 

左肩が高く右肩が低い形になり、体重が右足により多くかかった姿勢になります。

 

 

この構えではアッパーの軌道になり、ボールを上から叩くダウンブローにはなりません。

 

 
まっすぐ立つ姿勢をつくるには、背筋をまっすぐ伸ばし両ひざの上に両肩がくるようにして、あごを真下に向け顔が斜めに傾かないようにします。

 

 

 

こうして、肩や腰、両ひざが地面に対し平行になるように立つのです。

 

 

体のラインが地問に対し平行になっているかは、それぞれの箇所にクラブを横にあてがい、チェックしてみます。

 

 
もう一つの方向を狂わす原因は、肩や腰などの体のラインが、目標線と平行になっていないことです。

 

 
せっかくナイスショットをしても肩の向きが右を向いたり、左を向いたりしていれば、その方向にしかボlルは飛びません。

 

 

練習場と違って基準になるものがないコースで、目標に対してスクェアに構えるようになるのが難しいのです。

 

 

目標線と平行に構えるには、まずフェースを目標にまっすぐ向け、ボールと目標を結んだ飛球線と両足、両ひざが平行になるようにして立ちます。

 

 

ヒップを上げるようにして背筋を伸はし、あごを真下に向け、リストを左あし太ももの内側の前に置きます。

 

 
一度アドレスをして、両足の前にクラブを置き、後ろへ回って目標にまっすぐ向いているかをチェックしてみます。