背骨に対して直角が 正しい肩の回転

これは、クラブの長さやボールの位置も関係してくるテーマですが、アイアンの肩の回転はドライバーほど水平にはなりません。

 

アマチュアゴルファーのなかには、肩を無理に水平に回そうとするあまり、スイング軌道がバラバラになっている人を見かけます。

 

アイアンの肩回転は軸となる背骨に対して直角に回るのであって、地面に対して平行には回らないのです。

 

もしも、左肩を地而と平行に回そうとすれば、アゴの上のほおの位置まで上げてこないと平行にはなりません。

 

そうなると、ひざが伸び上がりゃすくなり、ボールをとらえるためにはダウンスイングで再度ひざを山げて沈み込む動きを加える必要が出てきます。

 

これでは、シンプルで安定したスイングなどできるはずがありません。

 

肩は地而ではなく背骨に対して直角に回転させます。背中は前傾しているので、背骨にそって左肩を直角に回すと自然とアゴの下に入ってきます。

 

もとあった高さからみると、左肩は少し下がった位置にくるのが正解です。

 

始動のときに、背骨の存在を強くイメージして回していければ最高ですが、それが難しい人は、左肩を飛球線後方ではなく、やや下方向に動かすイメージをもってください。

 

ヘッドを低く遠くへ引っぱることができます。

 

ゴルファー自身のスイングイメージは、ドライバーもアイアンも一緒ですが、ボールに近づいて構えるアイアンのほうが自然とアッ。

 

フライトな軌道になります。始動で左肩を下げていくイメージ、つまり背骨に対する肩のタテ(直角)回転がアイアンスイングのポイントになるのです。

「打つ」から「振る」 感覚へと意識を変えよ

アイアンのスイングづくりでは、「打つ」感覚から「振る」感覚へと意識を変えることが必要です。

 

アイアンの目的は飛ばすことではなく、正確に目標ヘボールを運ぶことにあります。

 

そのためには、ただクラブを速く振ればいいわけではなく、右腰から左腰の位置へ振るイメージをしっかり持ちながら一定のスピードで振ることです。

 

これがその人のスイングリズムになります。

 

上達してくるにつれ「打つ」から「振る」になり、さらに上達してくると「振る」から「押す」イメージが体感できるようになります。

 

まず第1歩として頭の位置を動かさずに、インパクトを強くせず、「気持ちよく振る」イメージでスイングするようにします。

 

強く速く振ればいいというわけではない。

 

イメージできる範囲内のスピードで右腰かう左腰へ振る。それが自分のスイングリズムになる。

 

右腰かう左腰まで、手首をこねすに腕を伸ばしたまま、クラフの重みを感じながう振る。

 

ボールを打つ意識を捨てクラブを振る感覚を持つ。

 

いらなくなったゴルフクラブ 買取はコチラ。

 

頭を後ろに残すから 腕が伸びてまっすぐ飛ぶ

フォローの初期まで、頭の位置がボールの後ろに残っているほど、ショットの安定性が高まります。

 

ちょうど頭の位置に虫ピンを突き刺したみたいにヒタリと空間に止めます。

 

足、服、肩はスピードを持って動かしているのに、頭だけは静止して見えるのです。

 

もし、このように頭を止めることができたら、ショットは極めて安定してきます。

 

ドライバーでも、アイアンでもポールの後ろに頭を残してインパクトするのが基本です。

 

頭を後ろに残すからフォローで腕がまっすぐ伸びて、ポールが正確に飛ぶのです。

 

これがいわゆる「ビハインド・ザ・ポール」です。頭を円の中心点として、しっかり固定しておけば、つねに再現性の高い円を描くことができます。

 

具体的に頭を固定するという感覚がつかめないときには顔の向きに意識を集中します。

 

顔はボールを見下ろしていますが、この角度をインパクトまで完全に保つのです。

 

言い換えるなら、左ほおの角度をまったく変えないことです。

 

左ほおの棋に1枚の板をあてがい、その板に左ほおを密着させた関係をスイング中ずっと維持します。

 

実際には板切れなどあてがうわけにはいきませんが、イメージとして左ほおが板切れに触れている感覚を持って、スイングします。

 

イラストにもありますが、飛ばしたい方向に腕をまっすぐ伸ばしていくには、頭を後方に残しておく必要があるのです。

 

前へ飛び出そうとする腕の力に対抗するには、頭を逆方向へ引く意義を持つくらいでちょうどいいのです。

 

フォロースルーまで、頭の位置をボールの後方にキープできれば、精度は大幅にアップします。

 

スイング軌道のイメージで、 体重配分は決まる

右足と左足の体重配分を機械的に覚えている人は多いと思います。

 

たとえばショートアイアンなら、「右4、左6」という配分になりますが、その根拠は何でしょう。

 

正解は「構え」つまり、「ハンドファーストの度合い」にあります。

 

ハンドファーストの度合いの大きいショートアイアンは、最下点がボールよりも先にくるので、下半身のウェイトを左足寄りにします。

 

そうすることによって、下降軌道にとらえるイメージを、ウエイトを通して体にインプットできるのです。

 

逆に、ハンドファーストの度合いの少ないロングアイアンは、最下点のやや手前でヒットします。

 

つまり、ショートアイアンよりも、緩やかな下降軌道でとらえることになるので、ウェイトは「右5、左5」となるのです。

 

ドライバーになると、「右6、左4」というアッパーに振りやすい体重配分をします。

 

この理屈を知っておけば、たとえ体重配分の比率を忘れてしまったり、ラウンド中にバランスが悪くなったりしたときでも、すぐ修正できるようになります。

 

つまり、手の位置はつねに一定だから、ポールの位置さえ間違えなければ、正しいアドレスと体重配分ができ、スイングも正しいダウンブローの軌道で振ることができます。

 

手の位置は一定! ボールの 位置で構え方が決まる

ゆるやかな下降軌道を描くハンドファーストの構えを、いかにスムースにつくることができるかが、アイアンでは最大のテーマです。

 

体とボールの間隔を決めるリストの位置は、ドライバーもアイアンもほぼ同じになります。

 

ナックル1個半から2個分を体側から離してセットします。

 

正而から見ると、リストは左足太ももの内側に位世します。

 

ここで、ボールの位置はどうなるでしょうか。

 

アイアンの番手の中心となる「6番アイアン」のボールの位置を基本位置として覚えておきます。

 

左足太ももの内側で構えると、クラブヘッドはスタンスのほほセンターにきます。

 

そうなるとボールの位置はそのやや左、つまりセンターよりもポール1個分左が正しい位置ということになります。

 

ピッチングウエッジのようなショートアイアンならばスタンスのセンターに、ロングアイアンならば左足かかとの延長線上からボール1個分右、という範囲の中でボールの位置は変化していくのです。

 

リストの位置は一定にして、ショートアイアンとロングアイアンを構えてみると、ボールとリストを結んだ線の傾きが、短いクラブほどきつくなっていくことに気がつくでしょう。

 

そうです、傾きがきつくなるほどハンドファーストの度合いも大きくなるのです。

 

以上のことから、ハンドファーストの構えは意識してつくるのではなく、アイアンをスク工アにセットしたとき、自然にできるシャフトの傾きに合わせて構えることだと理解することができます。

 

適切なグリップ位置とボール位置が、そのクラブに最も合ったハンドファーストをつくるのです。

 

勝手に上からヒットできる 「ハンドファースト」

ドライバーはアッパーブローに、アイアンはダウンブロlに打つと昔からレッスン書ではいわれてきましたが、この「アッパー」「ダウン」という表現が、アマチュアゴルファーに混乱をあたえてきたのではないかと思うのです。

 

まず、なぜクラブによって軌道を変えなければいけないか、という疑問について答えなければならないでしょう。

 

正確にいえば、スイング軌道は打ち方によって変えるのではなく、構え方によって変わるのです。

 

左のイラストを見てください。

 

ドライバーとアイアンの構えと軌道が並べられていますが、リストのある位置の真下が最下点になります。

 

つまり、打ち方云々ではなく、アドレスした時点で軌道は勝手に決定されるわけです。

 

ですから、ドライバーなら、最下点を通過した後の上昇軌道でヒットし、アイアンなら、最下点に達する手前の下降軌道で勝手にヒットすることになります。

 

多くのアマチュアゴルファーは、そのままスイングすれば上から球をとらえられる構えになっているのに、わざわざスイングを操作して、さらに上から叩きつける動きをつけ加えているのです。

 

これでは逆にボールは上がりません。

 

この事実を理解しただけでも、アイアンに関して大きなアドバンテージを得たことになります。

 

アイアンは、ボールより先の芝が削れてターフがとれるように打つのが理想ですから、ボールよりもリストが前に出たハンドファーストに梢えます。

 

この段階で軌道はダウンブ口lに決定していますから、目標を目がけてさらに打ち込もうなどと考えなくてもよいのです。

 

アイアンは目標を正確に とらえるためのクラブ

飛距離と方向の正確性とは、相反する聞があります。

 

飛ばしを追究していくと、どうしても方向性がおろそかになるという問題が出てしまいます。

 

どちらか一方を捨てるといった偏った意味ではなく、双方の最高点で技術的な折り合いをつけるのがベストです。

 

ドライバーもアイアンも、スイングするという面から見れば一緒のはずですが、クラブの形状や長短などからくる差異を含めて判断すると、同じような感覚で振るクラブとは言い切れません。

 

それどころか、発想を根本的に変えないと、それぞれを完全にマスターすることができにくくなります。

 

その証拠に、日によってウッドは当たるのにアイアンは当たらないということがしばしばありますし、また、逆の現象も起こります。

 

これは、双方の目的を理解していないために起こる端的な例なのです。

 

たとえば、ドライバーで会心の当たりをして次打はウエッジの距離なのに、グリーンさえとらえられない大きなミスをすることがあります。

 

ドライバーの飛ばしの感覚が体に強く残っていたために、ウエッジで大振りのミスをしてしまうからです。

 

こんな実戦での失敗をなくすには、アイアンの用途、目的をしっかり把握することから始めます。

 

あなたの9番アイアンの平均飛距離が110ヤードならば、9番アイアンを持ったときに考えることは、「130ヤード飛ばすこと」ではないのです。

 

「110ヤード先の目的地にボールを運ぶスイングをすること」が最大の目的ですから、クラブの性能を最大限に活かす確実なスイングすることが要求されるのです。